企画展「雨のち金魚」告知

先日のデザインフェスタvol.43はお疲れ様でした。
お越しくださった方、商品をお買い上げくださった方などありがとうございました。
挙動不審で怪しまれなかったかどうかがひたすら不安でしたが、作品の事をほめてくださる声も聞こえて嬉しかったです。
デザフェス、私自身は二度目ましてなんですけどね、あの時は出したものがメイン絵以外にポストカード一枚とかだったので・・・。
次参加するのは来年かいつになるかまだ定かではありませんが、その時また遊びに来ていただけると嬉しいです。

では遅くなりましたが6月企画展のお知らせです。

6月企画展・雨のち金魚

「梅雨と舞う金魚の朱。」
■開催期間
5月29日(日)~6月11日(土)
名古屋黒川駅最寄りの「箱の中のお店」
平日12時~19時・土日祝11時~20時/水曜定休日
※初日13時開始、最終日18時終了
■参加作家
筋眼様|紫綾/色彩屋吉宗様|atsuki masahiro様|時灯李様|Hize様|イササ様|煌燦工房Raichi△様|kumao様|空間金魚 HIDETOSHI MINAMATA様|piro様|あおい鈴香様|れいしす様|長月様|cousato様|ピロタ様|兎亜様|杉太郎様|九ゆずる様|夜田ゆらこ様|
Daigon|アマネツユ|夕闇|aimi|ねみぎのり
■詳細ページ
http://project.hakofo.com/amekingyo/

雨と金魚がテーマの企画展です。
自分の名前が雨にちなんでいるはずなのに雨の絵を描くのは初です。
詳細ページのアイキャッチで私が描いた雨降らしの男の子メインに、それにくっついてきた渡り鳥ならぬ金魚渡りを描いています。
今回の絵で推したいポイントは地面の波紋です。この記事のアイキャッチの部分がなんかこうイイ感じに描けたと思ってます。
私はとことん気に入る部分がメインとそれている気がします。

また、その詳細ページのアイキャッチのイラストもA3バージョンで展示されます。
同じメンバーの夕闇氏との合作なので記念に。キャプション付きです。

◆雨降らしについて・・・
Twitterで姉の雨童子(あめわらし)と名前を混同してしまったけど雨降らしで合ってました。
姉の方が「童子」ってどういうことなのと昔書いた設定を見て思いましたが、姉も未成年なら問題ないね!と自己解決しました。
雨降らしと雨童子って同じな気はしますが、アマネの世界観では違うということにしといてください。
どちらも雨を司る日本の精霊だけど、雨降らしは雨を降らす精霊で、雨童子は雨が降っているところに現れる精霊ということにしています。
姉と言ったけど正確な親が居るわけでもないので義理だと思います。

雨降らしの雨を降らせる力は、正確には自由自在ではなく、本人が憂鬱な気分になってると雨が降ってしまうだけです。気まぐれなカイオーガみたいな感じです。
ただぶっきらぼうでネガティブ思考なのでだいたい雨が降ってしまいます。
金魚渡りはその雨にたまにくっついてくる金魚の群れです。
どちらにしても人間には見えません。

ちなみに、キャラを初めて描いた当時はxxxHOLiCの世界観が好きでした。納得。
ただその時はもう少し幼くて、番傘ではなくなぜかよくあるビニール傘を装備していました。
なんででしょうね・・・?番傘重いからかな・・・?(たぶんギャップが欲しかったのもある。)

そんな二人の他にもわりといろいろ和風な世界の人物もおりまして、私の作風がほとんど西洋寄りのファンタジーで通してしまっている今ではなかなか描けずに居たので、久々に描いたらもっと描く機会が欲しいなとか思いました。

・・・・・・線を細く描いたのもあって学窓展の時同様私だと気づいてもらえない気がしてきた。
(学窓展の件は店舗担当の百守さん曰く。)

というわけで、いろいろ語ってしまいましたが「雨のち金魚」は明後日からです。
今回の私の展示絵のポストカードなどはありませんが、素敵な作家さんがたくさん参加されているので、お近くの方は是非お越しください。
よろしくお願いします。