不幸の箱売りと幸福の箱売りのあれそれ

珍しく告知じゃないことを書きます。
メリバ展が終わったので、ギャラリーに驚異の部屋展の絵とデザフェスでの絵を追加しました。

ので、それらの絵について、会期中にTwitterでも呟いてた補足というか、絵の隠れ要素的なものをここでまとめようかなと思ったのでした。

暗い方が驚異の部屋展で展示した「不幸の箱売り」、
明るい方がデザフェスで展示した「幸福の箱売り」です。

 比較A1

一つ目と二つ目。少年(一応店主)の前にある台に置かれているやつらです。
スノードーム的なものが聖なる夜の物語展で参加した「聖夜の魔法」の絵関連で、荒いですが幸福のほうは鹿っぽい生物と女の子的なシルエットが浮いてます。
一応下に街があります。不幸の方には居ません。

懐中時計は、まだ募集期間ですけど宝石の煌きカーニバルに使ってる絵で仮面男が持ってるやつです。
2012年に名古屋の大学さんのイベントでブース参加したとき、錬金術だか魔術だかテーマで描いたポスカの絵でした。ここから箱フォが始まったと言っても過言ではない・・・?
分かりづらいですが不幸だとひび割れてます。

 

三つ目。自分で一瞬どれだよと思ってしまった。飛んで今度は少年の背後の棚の上です。
真ん中の奥側に青いじょうろがあります。箱の住人擬人化でノナカさんが持ってるやつです。
↓シルエットなぞった
比較A2v
特に変化はないですけど、中身は絶対違うでしょうね。
手前にある丸い物体が気になりそうですが作品とはなんら関係ありません。

 

四つ目。じょうろの上側です。
童話擬人化で描いた「ちょうちょ」の桜の枝と菜の花とモンシロチョウが居ます。
不幸では花がごっそり無いです。おそらく蝶は下に・・・。

隣の鬼灯も気になりそうですがこれも作品に関係ありません!!
どっちもランプとしてはおしゃれだなって描いてて思いました。

 

五つ目と六つ目。また下に戻ります。
奥の大きな水槽みたいな箱に金魚か小さいサメが居ます。金魚の一番上に居る一匹だけ頬が膨らんでて、金魚擬人化で描いた水泡眼のつもりでした。
あと金魚=メンバーの夕闇さんのつもりでもあります。

水槽の手前にある花の装飾の箱は、3月の百華ト亡骸の参加イラスト関連です。
これも分かりづらいですが不幸のほうは血が垂れています・・・。

ついでに、水槽の隣にあるドールハウスは、不幸の方で焼け焦げてるつもりでした。
最初はこっちを百華ト亡骸関連にして、不幸のほうで植物がめちゃくちゃ絡まってる風にしようかと考えてました。
男の子が生前住んでいた家ということで。

 

七つ目。少年の背後です。
改めてみるとよくわからない物体。
不幸の方は毒キノコ擬人化のシャグマアミガサタケです。
茶色くてぐにゃぐにゃしたなりしてるので勝手に脳みそっぽいと思ってます。
幸福のほうは似た色の花です。こんな花は無い(と思う)ので、もしかしたら誰かが粘土とかで作ったものかもしれない。

スクショは撮ってないですが、これの斜め下辺りに空とテラリウム関連の砂時計があったりします。

 

台の上に戻って八つ目と九つ目。
奥側の植物は食虫植物擬人化のヘテロドクサです。

手前の手紙が4月の学窓展に出した絵関連です。学窓展の絵に手紙が紛れてるのでそっから持ってきました。

 

背後の上部に戻って10こ目と11こ目。これ以降間違って左右反転させたままですが気にしないでください(´_ゝ`)
手前のガゼボ(休憩所みたいな建物)の箱はお店がまだないころにやった童話展関連です。
たぶんオルゴールでくるくる回る。
幸福は花弁付きですが、不幸はひび割れてる上に男のほうが上半身無いです。

奥側には馬に乗った男の彫刻があります。店が無いころにやった神話展の太陽神ルー関連。
これも不幸では欠けまくっています。
箱じゃないやんけと思いますが、なんかこう中身が空洞じゃなくても思い入れがあればというか、気持ち的なものが物に宿れば関係ないみたいな感じがあります。
ただやっぱりちょっと空洞は欲しい。
たぶんこれは粉砕すれば使えます。もったいないけど。

 

12こ目。間違って反転しちゃったままシリーズ。
青い鳥の羽と黒い鳥の羽。前者は幸せの象徴としていれただけです。
後者は神話展関連で戦場の三女神が持ってる翼の羽です。
ちなみに実際の神話では彼女らに翼が生えてるわけではなく、カラスに化けて現れることがあるっていうだけだったりします。

そして見切れてる男の肖像画が地味に13こ目です。
お店で最初に企画した爺展関連。爺の若いときの姿で、不幸では老いてへんなものがとりついてます。
実際爺展の絵にも肖像画を地味に描いていたのでそこから持ってきました。

エジプト王が彫られたミイラが入ってそうな箱がすごい主張を放ってるように見えてとくに意味は無い。

 

14こ目。反転したままシリーズその3。少年の頭の横側にある青い炎が入った箱。
幸福ではピンクと黄色っぽい色が混ざった炎に三人の少年たちの姿が映っていて、不幸は青だけの炎に一人の男が剣を突き立てて膝をついている姿が映ってます。
どちらも青い人はユライト氏です。
不幸の炎の方が大きいのは彼自身力が強いっていう意味もあるんでしょうが、たぶんちがう意味もあると思います。なんというか可哀想な人です彼は。
ちなみに値札にはBlue fireと書いてあります。値段が良く見えないけどこれ売り方としてはどうなんだ。

 

反転しちゃったシリーズ。これでスクショは最後です。
猫のぬいぐるみは2月の猫ノ街関連、魔女のぬいぐるみはお店が無かった頃にやった魔女展関連です。
魔女は不幸が化けた姿、幸福が真実の姿です。あと魔女=メンバーのaimiさんを表してるつもりでもある・・・。

そして奥側に居る白い物体が

比較A10-2

比較A10-3

比較A10-5

比較A10-4

「わたしです。」

Daigon人形でした。(ディレクターのDaigonさんのTwitterアイコン)
ちゃっかり正位置に直してますがTwitterでそのまま使った画像です。
不幸と幸福で特に変化がないことに深い意味はない・・・・・・たぶん。

あと猫から見て魔女とは反対側にある筒状の何かは神話展の太陽神ルー関連でもありました。
幸福は槍、不幸はバロールの目玉(レプリカ)を入れたつもりですが大変わかりづらかったのでルーの彫刻も置いとくことにしたのでした。

スクショには撮っていませんが、奥の足元のほうにある鍋がたぬきつごちそう合戦関連です。
ごちそう→料理→鍋という連想ゲームをしただけで実際に絵には描かれてません!

上にある四つ葉のクローバーが入った箱は、箱フォとは関係ないですがレント・ヴィーヴォ・カルテット!の絵関連です。四人の少年がブレーメンの格好して寝転んでる絵です。
今の名刺に使っている絵といえば関連があるといえばある?
関連絵の方、三つ葉しかないやん。と思いきや一つだけ四つ葉を描いてて、名刺に使われてる部分に入っています。
Twitterでもたまに絵に隠れ要素的なのいれてるっていうのを呟いたので、これもいつかブログで書こう。
あれ、これ前も言った気がする・・・?

一番でかく描かれてる蝶が入った鳥かごは、個人ブランドの幻園蝶からです。グッズ展開をほったらかしにするとたぶん不幸みたいになります。
値札には「Genen no chou」と「KOWARETA GENEN」と書いてあります。もろローマ字です。

少年が持っているおしゃれ(?)な木箱は、私が中学生時代に美術で小さい木のブロックを積み重ねて作った箱を魔改造して巨大化させた姿です。
手元にもうないので写真は撮れず。

他は中に何かがシルエットが映っていたり、ある意味箱として利用できそうなものをひたすらにいれていきました。
名前だけあげると、ディーゼル機関車とかトレジャーボックスとか、理科の実験道具、キャリーバッグ、バケツ、壺、植木鉢、結婚指輪の箱、古時計、お内裏様とお雛様が入ったガラスケース、・・・。
あとなにかの箱がいろいろ。
物一杯つめる絵はあまり得意ではないのでがんばりました。

そんな感じです。

ここまで読んでくれ方(居るか謎ですが)ありがとうございました。
サイトのギャラリーだと小さいのでPixivにあげたほうを見るのが良いと思うます。
気になればどうぞ。
ただこれ書いてる時点では驚異の部屋展の方しかあげてないので申し訳。

というわけでここらへんで。